偏差値70を超える為の中学受験の傾向と対策

中学受験で偏差値70のレベルを超える為には、各科目の分野別で学習する対策を行う事が基本です。学習の仕方として社会や理科などの科目はテストに出てくる用語の暗記や理解を行ったり、算数は難解な応用問題を数多く解く練習に取り組む事に時間を割く事が大切です。社会は学校で習う内容に関連した問題だけが出題されるばかりではなくて、大人が一般常識として知っている時事の問題も出るので、最近流行している時事の知識も網羅しておきます。通っている小学校や自力での学習では出題の範囲を網羅できないので、中学受験に向いている塾で進学のコースなどを選んで先生を活用しながら徹底的に塾で勉強する行動が求められます。勉強する時に教材を選ぶ時には発展的な分野まで網羅している教材を選択して、出題される問題の傾向を掴んだり、用語を暗記しながら理解を深めていく努力に徹底する事が大切です。算数は問題を解くなどの努力に徹底する事でテストの点数が上がる事に繋がるので、時間を掛けて数多くの問題を解く努力に徹底します。勉強塾に通っている場合は分からなかった問題を把握する為に積極的に個別の指導を受けたり、塾で応用の問題に挑戦する機会を増やす事が大切です。偏差値70を自然的に超える生徒は親の言う事をしっかりと聞いたり、通学を希望する学校に通うなどの目的を持っている傾向です。小学校に入学してから進学のコースを突き進む場合、親と進学に関して相談する事を心掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です