関東の中学受験における偏差値の役割

関東、いわゆる首都圏では、東京、神奈川県、埼玉県、千葉県などをベースに学校を受験することを考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中学受験における中学校の偏差値は、学習の目安などを表しています。
女子であっても、偏差値が、高い低いについては、どこの学園が高い低い、また、お子様の偏差値によって一喜一憂しがちなのですが、ザラに高い人も低い人もいます。
自分の目標に合った数値を出せるかどうかが目的なのではなく、あくまでも目安として考えておいたほうが良いです。
また、転勤などを機に、お子様を受験させようと考えられているご父兄もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、ただ募集をしているだけであるならば、30台の学校もありますが、かなり数値の上のところや、進学実績、部活動などについて色々と納得なさっている方も多いのではないでしょうか。
勉強名門が多いので、対策が必要になることは言うまでもありません。
お子様の現在の学力を把握しつつ、志望校への対策を行いたいものですね。
いわゆる、内申書とは別に、全国区での学力を測ることになります。
だからと言って、内申対策をおろそかにしてはいけないのですが、併願パターンなども参考にしながら、また、親御さんの母校などを受験される方も少なくはないことでしょうから、色々と把握して学ばれてみては如何でしょうか。
模擬試験も普段の勉強も、どちらも大切なことになりますので、バランスよく勉強させることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です