中学受験で志望校よりも偏差値が低い学校への進学

校舎中学受験で志望校を選択する時に多くの場合には第一志望校が最も偏差値が高くなる傾向があり、併願校の中でも志望順に従って下がっていく事が多くなりますが、どちらにしても志望校を決める段階で、保護者と塾の先生をはじめ何よりも本人が通いたいと思える学校を選択することが重要になります。
実際に全ての受験生が第一志望に合格できるわけではありませんので、多くのケースで併願校に進学をする場合も考えられます。仮に合格をした中学校が偏差値の低い学校だったとしても、これまで自分のやりたいことを我慢をして勉強を続けてきたお子さんの努力と結果を褒めてほしいと思います。確かに世の中にはクラスにひとりくらいは、天才なのかと思えるほど成績の良い子もいますが、おそらくそのような生徒もしっかりと努力をしてつかんだ結果です。
中学受験では、多くの受験生が希望通りの学校には進学できない事もありますが、保護者としては決して馬鹿にしたり、残念がる事のないようにしてほしいと思います。勉強ましてや努力が足りなかったなどと言われてしまっては、お子さんは中学校に自信を持って進学が出来なくなってしまいます。私立中学校の場合には偏差値が多少低いと言われる学校でも、多くの公立中学校に進学する生徒たちも含めればかなり高い学力を持っていると想定できます。
保護者にできる事は、併願校であってもお子さんが通いたいと思い、楽しい中学校生活になるような対応をしてあげる事がこれまで中学受験に向けて勉強してきたお子さんへの対応の仕方になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です